灸

当院でのお灸治療は

当院でのお灸治療は温筒灸(筒にモグサをつめたもの)と、知熱灸(米ツブほどのモグサを直接肌に乗せるもの)を主にしています。 熱さ、というよりは温かさを主体にして施術させていただきます。

当然熱さの感じ方は人それぞれ違うので体質、体調を考慮した上で施術いたします。

適応症 主に循環不良や血行不良による冷え、虚症等筋肉の疲労や、筋肉痛、内臓の不調
不適応症 実熱のある場合(症状の熱)は主に用いません。
施術部位 身体全体に行います。¥1500
*基本としてあるものなので、患者様の症状、ニーズにより承ります。


温灸

燃焼温度の低いもぐさで、皮膚表面を温めたり、燃え尽きるまで置きます。温灸とは"知熱灸"と違い、燃焼温度が異なるのと同時に大きさも異なります。当院では主に"温筒灸"という直接肌に過熱される灸をします。温灸は"柔らかな温かさ"が特徴で火傷の恐れがありません。
こちらをクリックすると大きく表示されます
温筒灸

筒の上にもぐさを置き、間接した空気を温めます。
知熱灸

燃焼温度が高いもぐさを用い、瞬間的な熱さを感じさせ治療します。
主に経絡治療に用います。
灸頭鍼

鍼を施術した所に鍼の竜頭と部分に"温灸用もぐさ"をつけ、鍼を通った熱伝導というよりも、上部からの輻射熱を利用した治療法といえます。(場所が限定されています)
¥500UP


▲トップへ戻る
Copyright(c)2000-2017.加賀鍼灸整骨院.All Right Reserved.